Instagram

ログイン

パスワードをお忘れの方はこちら

新規会員登録

初めての方はこちら

会員登録する

会員登録をすると住所入力が省略できます。

2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
 

野菜に関する用語について

野菜については、様々な用語が定義され使われています。以下にあるような言葉をご存知でしょうか?また、正しい定義はご理解されてますでしょうか?是非この機会に正しい知識と欲しい野菜について確認してみてください。

有機農産物

「有機農産物」とは、化学合成農薬・化学肥料を使用せず、種まきや植え付け前2年間(多年生作物は最初の収穫前3年間)経過し、堆肥などによる土づくりを行った圃場(ほじょう)において収穫された農産物のことをいい、3年未満6ヶ月以上の場合は、「転換期間中有機農産物」といいます。
また、「有機農産物」あるいは「有機栽培」、「有機○○」の表示として販売するためには、JAS法で決められた基準を満たし、認定を受ける必要があります。その認定を受けた農産物が「JAS有機農産物」となります。

特別栽培農産物

特定の農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下、で栽培された農産物です。節減対象農薬と化学肥料双方の節減が必要です。

有機JAS認証とは

以前は、日本では、有機食品についての統一の基準が決められていなかったため、様々な方法で生産されたものが「有機」食品として流通していました。このため、消費者は商品を選ぶときに何を基に選べばよいか混乱していました。
 
そこで、平成11年に改正されたJAS法に基づき、有機農産物と有機農産物加工食品のJAS規格が定められ、そこで示されたルールを守って生産され、有機JASマークが付された食品にだけ、「有機」や「オーガニック」と袋や箱に表示できるようにしました。
なお、有機JASマークや「有機」、「オーガニック」の表示を付けるには、公平な第三者である登録認定機関の認定を受けることが必要です。
(社団法人 日本農林規格協会 発行 「有機食品っていいね」より転載)


この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

Ajimiruで取り扱う農産物の栽培方法と表記について

○・・・使用する、または行う
△・・・通常の50%以下の使用
×・・・使用しない、行わない

【表記】有機JAS認証
農薬(使用禁止資材)・・・×
化学肥料・・・×
第3機関の検査・・・○

化学農薬や化学肥料を使用せず2年以上(多年生作物は最初の収穫前3年間)の期間を経て栽培された農産物
有機登録認定期間の認定を受けた農産物

【表記】特別農産物 化学農薬不使用/化学肥料不使用
農薬・・・×
化学肥料・・・×
第3機関の検査・・・×

化学農薬や化学肥料を使用せずに栽培された農産物

【表記】特別栽培農産物 化学農薬不使用/化学肥料節減
農薬・・・×
化学肥料・・・△
第3機関の検査・・・×

化学農薬を使用せずに、化学肥料の使用を通常栽培される方法の50%以下に抑えて栽培された農産物

【表記】特別栽培農産物 化学農薬節減/化学肥料不使用
農薬・・・△
化学肥料・・・×
第3機関の検査・・・×

化学農薬の使用を通常栽培される方法の50%以下に抑えて、化学肥料を使用せず栽培された農産物

【表記】特別栽培農産物 化学農薬節減/化学肥料節減
農薬・・・△
化学肥料・・・△
第3機関の検査・・・×

化学農薬や化学肥料の使用を通常栽培される方法の50%以下に抑えて栽培された農産物

果物のこだわり

果樹栽培は野菜の栽培に比べて病害虫などで何か問題があった場合に1本の木が枯れてしまうリスクがあるため、有機栽培と特別栽培に加えて、生産者が出来る限り農薬や化学肥料に頼らない栽培を行っていて食味も良い果物を取り扱っています。

ページトップへ